2010年02月18日

『号泣する準備はできていた』…江國香織

『号泣する準備はできていた』…著者;江國香織 新潮文庫



短編集です。2004年の直木賞受賞作である同名の作品も収録されています。

『短編集、といっても 様々なお菓子の詰め合わされた箱のようなものではなく、ひと袋のドロップという感じです。』

とは、あとがきでの作者自身の言葉。
そのこころは『成分は同じで大きさも大体同じ』だからということです。
その言葉にたがうことなく、大体同じテーマを同じくらいの長さでまとめた短編によって構成されています。

ほとんどの短編の主人公が中年女性。
そしてほとんどの作品が、恋愛がくたびれてしだいに損なわれていく倦怠感を取り上げています。

その様子がもっともよく描かれた表題作のほか、

不倫相手への幻想が、ちょっとした一言で崩れ去ってしまう『そこなう』。
夫婦の危機、その一瞬を切り取った、『煙草配りガール』。
離婚直前の夫婦の会話を描いた、『溝』。

『じゃこじゃこのビスケット』と『住宅地』だけは少し変り種でしょうか。
前者は十代の女の子が体験した奇妙な初デートの話、後者は住宅街に身をおく人々の心理を1つ1つ取り上げた、短い群像劇になっています。

作者の言葉どおり、各短編は20ページくらいでまとめられているので、ちょっと手の空いた暇なんかに手軽に読むことが出来ます。

女性特有の心理を描いているので、男性には退屈かもしれません。
posted by kbk-mzp-ck9000CP at 11:36| 東京 🌁| Comment(0) | 書評・ストーリー物・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

『星の王子さま』…サン・テグジュペリ

『星の王子さま』…著者;テグジュペリ



題名だけは有名だけど、実際に読んでいる人は以外に少ない作品と言うものがありますが、これもその1つ。
ひどいときには、『星の王子さま』というのが本のタイトルだということさえ知らない人もいます。
理由の1つとして、お話の特徴を簡単に説明しにくい、ということがあげられるでしょう(たとえば、『トム・ソーヤ』をいたずらっ子の物語と言い切ってしまうみたいに)。

作者のサン・テグジュペリは、彼が感じた、大人のはっきりとした言葉にしてしまうとダメになってしまういろいろなことがらを、物語の形で表現しています。
そのため、この本を読む人には、かなり豊かな想像力が必要とされます。

たとえば、

ele.jpg


こんな絵を見て、『怖い』と思えるような、そんな想像力です(この絵がどうして怖いのか、分からない人は、『星の王子さま』を読んでみてください)。

このお話は、そんな想像力を胸の奥にそっとしまった飛行士と、そんな彼のところに訪れた、1人の王子さまのお話です。

サン・テグジュペリは、詩人であり、飛行機乗りでした。
この人の乗った飛行機は、1944年の7月31日、地中海で姿を消してしまいました。
この飛行機がその後どうなったか、それは人それぞれの想像力に任せられていたほうが美しかったのかもしれません。

この本が好きな管理人の知り合いは、昔そう言っていました。
posted by kbk-mzp-ck9000CP at 18:11| 東京 ☁| Comment(0) | 書評・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

プーさんの本、いろいろ

昨日のブログで、プーさんには独自の哲学があると書きましたが、そのプーさんの哲学の本。
意外にたくさんあります。





オマケ。



posted by kbk-mzp-ck9000CP at 21:26| 東京 ☁| Comment(0) | 書評・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。