2010年02月18日

『号泣する準備はできていた』…江國香織

『号泣する準備はできていた』…著者;江國香織 新潮文庫



短編集です。2004年の直木賞受賞作である同名の作品も収録されています。

『短編集、といっても 様々なお菓子の詰め合わされた箱のようなものではなく、ひと袋のドロップという感じです。』

とは、あとがきでの作者自身の言葉。
そのこころは『成分は同じで大きさも大体同じ』だからということです。
その言葉にたがうことなく、大体同じテーマを同じくらいの長さでまとめた短編によって構成されています。

ほとんどの短編の主人公が中年女性。
そしてほとんどの作品が、恋愛がくたびれてしだいに損なわれていく倦怠感を取り上げています。

その様子がもっともよく描かれた表題作のほか、

不倫相手への幻想が、ちょっとした一言で崩れ去ってしまう『そこなう』。
夫婦の危機、その一瞬を切り取った、『煙草配りガール』。
離婚直前の夫婦の会話を描いた、『溝』。

『じゃこじゃこのビスケット』と『住宅地』だけは少し変り種でしょうか。
前者は十代の女の子が体験した奇妙な初デートの話、後者は住宅街に身をおく人々の心理を1つ1つ取り上げた、短い群像劇になっています。

作者の言葉どおり、各短編は20ページくらいでまとめられているので、ちょっと手の空いた暇なんかに手軽に読むことが出来ます。

女性特有の心理を描いているので、男性には退屈かもしれません。
posted by kbk-mzp-ck9000CP at 11:36| 東京 🌁| Comment(0) | 書評・ストーリー物・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。