2010年02月17日

『星の王子さま』…サン・テグジュペリ

『星の王子さま』…著者;テグジュペリ



題名だけは有名だけど、実際に読んでいる人は以外に少ない作品と言うものがありますが、これもその1つ。
ひどいときには、『星の王子さま』というのが本のタイトルだということさえ知らない人もいます。
理由の1つとして、お話の特徴を簡単に説明しにくい、ということがあげられるでしょう(たとえば、『トム・ソーヤ』をいたずらっ子の物語と言い切ってしまうみたいに)。

作者のサン・テグジュペリは、彼が感じた、大人のはっきりとした言葉にしてしまうとダメになってしまういろいろなことがらを、物語の形で表現しています。
そのため、この本を読む人には、かなり豊かな想像力が必要とされます。

たとえば、

ele.jpg


こんな絵を見て、『怖い』と思えるような、そんな想像力です(この絵がどうして怖いのか、分からない人は、『星の王子さま』を読んでみてください)。

このお話は、そんな想像力を胸の奥にそっとしまった飛行士と、そんな彼のところに訪れた、1人の王子さまのお話です。

サン・テグジュペリは、詩人であり、飛行機乗りでした。
この人の乗った飛行機は、1944年の7月31日、地中海で姿を消してしまいました。
この飛行機がその後どうなったか、それは人それぞれの想像力に任せられていたほうが美しかったのかもしれません。

この本が好きな管理人の知り合いは、昔そう言っていました。
posted by kbk-mzp-ck9000CP at 18:11| 東京 ☁| Comment(0) | 書評・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。