2010年02月09日

『AMEBIC』…金原ひとみ

『AMEBIC』…著者;金原ひとみ 集英社



芥川作家の、金原ひとみさん。
この人のこと、いまだに管理人は、もう一人の芥川作家、綿矢りささんとセットにして考えてしまいます。

そのことに受賞時のエピソードが関わっているのはもちろんなんですが、なにしろこの2人、作風も面白いほど対照的。

片方が、性的な『何か』(例えばアダルトチャットのアルバイトだったり、クラスメートのモデルおたくだったり)の周りをぐるぐる回り続ける、うぶな女子高生を取り扱うのに対し、もう片方が描くのは、そんなものとっくの昔に吹っ切って、どんどんアブノーマルな世界に沈んでいくビッチ系の女主人公

まるで合わせ鏡のようです。
この作品でも例に漏れず、主人公の歪んだ世界が、惜しみなく展開されています。
作家である『私』は、意識のないときに、改行も句読点もないわけの分からない文章『錯文』を書く癖があります。作品はいきなり『錯文』で始まるので、読み始めにはびっくりさせられます。
なぜ主人公は『錯文』を書いてしまうのか。
『私』は、決して普通の感覚の持ち主ではありません。
何しろ、食べものをほとんど食べないのです。
『私』は、物を食べるのは不潔なことと考えており、サプリメントや漬物だけで栄養を採っています。
そのため、普通の状態のときの述懐もどこか偏執的。
他人が食事をするのを、『私』が見ているというシーンがよく出てきますが、その描写が本当に気持ち悪く、主人公の、食べることに対する憎しみがよく伝わってきます。

純文学ということもあって、この作品にあらすじらしいあらすじはありません。
ただ、『錯文』と現実世界の描写とが交互に描かれる過程で、主人公のもつ歪みは次第にその度合いを増していきます。

奇妙な読後感の残る一冊。でも、暇なとき手元にあるとついつい読み返してしまいます。
posted by kbk-mzp-ck9000CP at 07:53| 東京 ☀| Comment(0) | 書評・ストーリー物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。